目の下のふくらみを何とかしたいと考える人の助けになる美容外科医

茶色い目の下のクマができたら美容クリニックで治療を

マスカラを塗る様子

目の下のクマは、色によって原因が異なります。茶色っぽい色が目立つシミやくすみのようなクマが、いつまで経っても消えない場合は、日常の刺激や摩擦で発生したメラニン色素が沈着している可能性が高くなります。この目の下のクマは、スキンケアによって改善できる可能性がありますが、綺麗に消したいのであれば美容整形を考えておくことがおすすめです。

茶色い目の下のクマを改善したい時に、美容クリニックの治療が有効な理由のひとつに、目の下の皮膚の薄さがあります。顔の皮膚の中でも、目の下の皮膚は特に薄く刺激に弱い部位です。スキンケアを行う際に、こすり過ぎたり刺激を与え過ぎたりすれば、茶クマが酷くなってしまう可能性があります。それに対して、美容クリニックで行われているレーザーや光を使った治療は、皮膚の内側にあるメラニン色素を直接破壊していくことができるので、摩擦によって色素沈着が酷くなるということはありません。そのため、茶色い目の下のクマが目立つと悩んでいるのであれば、美容クリニックで相談をしてみると良いでしょう。レーザーなどによって茶色い目の下のクマを消すためには、何度かの治療を繰り返すことが一般的です。そのため、目の下のクマを解消したい時は早めに治療を開始しておくことがおすすめです。

ピックアップコンテンツ